2018年06月 : 「愛犬のしつけ」の今

ミックス犬
mix
//

しつけ も 飼い方 も

問題行動を生むのは、思いのすれ違い!?

ミックス犬への向き合い方・飼い方で、その悩みは解決できます。

些細なことに怯えたり・唸ったり・吠えたり、家族が困ることをしたり、叱っても聞かなかったり、夜中でも吠えたり、噛み癖があったり、トイレの失敗を繰り返したり、オスワリ・マテなどが苦手、留守番もできない等。


犬は最も身近な動物の一つ。 でも意外に 肝心なことが誤解 されがち。 それが、飼い方で悩む飼い主さんが多い 理由の一つ。

犬には 犬特有の本能があり、行動や判断はそれに基づいてます。

愛犬は、あなたの言葉や行動を、あなたの意図とは違う 受け取り方をすることも。

例えば、吠えたら周りに迷惑だからと、愛犬が望むまま、食べ物をあげたり、かまってあげたりしてると、愛犬が家族内での位置づけを勘違いし、問題行動が増えることも。


愛犬にしてみれば、自分ががんばることで、群れ(家族)を外敵から守ろうとしているのかもしれませんが、その行動が、電話・呼び鈴などへの無駄吠えや、お客さんへの飛びつきだとしたら、まさに問題行動でしかないですよね。

こういう愛犬と飼い主さんの気持ちのすれ違いはすごく残念なことです。

教わるのは訓練頭数2000超のプロから

昔ならプロのトレーナーからしか聞けないような「犬のしつけ」が、近頃は手軽に学べます。

初めてペットで犬を飼うという人にも、「自信ないなぁ」「ウチはムリねぇ」と 愛犬のしつけを あきらめかけた飼い主さんにも、喜ばれる「愛犬のしつけ法」があります。

喜ばれるのには理由があります。 テレビ・雑誌でも活躍の訓練頭数2,000頭以上のトレーナーが明かした「犬のしつけ法」です。

様々な愛犬の問題行動や、しつけで困っていた飼い主さんに喜ばれてます。 トイレも、無駄吠えも、散歩の引っ張りも、落ち着きのなさも、・・・あなたの手で導いてあげられると、喜びはさらに大きいはず。

もちろん成犬も大丈夫です。 愛犬がどんどんお利口さんになっていく姿は、見ていてきっとワクワクしてきますね。

この「犬のしつけ法」はDVDです。 動画で分かりやすいのが評判です。 もし同じ内容を本で説明したら「読む気が失せるほど長い文章」か、逆に「説明不足で分からない」かのどちらかでしょう。 もちろんDVDだから、何度でも見られます。 ですので、忘れたら、いつでも復習できます。 また家族みんなで「しつけ法」を共有できます。

このしつけの公式サイトを見てもらうと、20代~50代の様々な飼い主さんの悩みと喜びの声が紹介されてます。 本気で悩んでいた飼い主さんたちの体験談は、見るだけでも元気づけられます。



↑ クリック ↑
悩んでいた愛犬の変化に たくさんの飼い主さんが喜んでます


ミックス犬はだいたい10年~15年の人生です。 問題行動に怒ったり、悲しんだり、・・・飼い方やしつけの事で悩んでる時間なんてないです。 正しいしつけで、愛犬も あなたも もっと笑顔になれるはず。

***** ***** *****

犬の視力
犬は動体視力が優れているそうです。人間にとっては速い動きも、止まって見ているのかも。一方で赤色が識別できない全盲状態に近いとも考えられています。犬に見えている世界は人間とはかなり違うのかもしれないです。盲導犬の存在を考えると赤が認識できないってなんだか不思議な気もするのでした。

ほめるタイミング
しつけで褒めることは欠かせないことです。しかし、間違ったタイミングで褒めると飼い主さんとの関係性を誤解させかねないことにもなるんだとか。どうすれば誤解をあたえないように褒めることができるのかを知ることも愛犬との幸せな生活をするうえで重要なことです。

番犬
昔は飼い犬といえば番犬というイメージがありました。家の外に生活し、不審な人物が来れば吠えるというのが定番だと思います。しかし、今は番犬として犬を飼う人なんてほとんどいないのでは無いでしょうか。室内犬が一般的になりましたし、昔とはかなり犬の立場が変わったように思えます。

お留守番のしつけ
ワンちゃんのしつけにも「トイレトレーニング」があります。人間と同じですね。日中ほとんどお留守番しながらご主人様を待っているワンちゃんにとってトイレトレーニングは重要です。最近、犬のしつけに悩んでいる方から喜ばれている方法があります。「犬のしつけDVD」です。ワンちゃんのお留守番のしつけにおススメです。

犬のキャラクター
昔から近い存在である犬には人気のキャラクターがいろいろあります。「わんわん」は幼児向けのNHK番組の人気キャラクターですし、スヌーピーは昔から人気の犬キャラですね。近頃話題になったキャラでは犬夜叉でしょうか。犬ではないですが、犬の特徴を持ってますね。お茶と犬のコラボでお茶犬(おちゃけん)というのも話題です。

スコティッシュ・テリアの無駄吠え・吠え癖そして夜鳴きの悩みに。

犬の本能や習性は、もともと人とは違います。歴史的に人と犬はすごく近しい間柄ではあるものの、本能や習性の違いをしっかり理解して接しないと犬の問題行動に悩むことになります。犬には「権勢本能」と「服従本能」と呼ばれる犬の特有の性質があります。犬によって個体差はありますが、権勢本能が強い犬だとボスになりたがる傾向が強いので、飼い主さんとの主従関係づくりでも時間がかかるかもしれません。権勢本能が弱い犬だと比較的しつけしやすいようです。いずれにしても、犬は群れ(家族)のなかで順番をつける性質があるといわれています。順序の下のものは上のものに従うのが当たり前という考え方ですね。ですので、愛犬の世話を焼きすぎると犬が飼い主さんを下に見てしまって問題行動の原因になることも。犬の問題行動をいさめようとしても、吠えたり嫌がったりするからといってあきらめていると、犬のほうが「うまくいった」と勘違いして、ますます問題行動を繰り返すことになったり。犬と飼い主さんの正しい「主従関係」づくりは、犬があなたの行動をどう理解するか?ということも意識することが大事ですね。犬は自分がボス的な存在と認識していると、群れ(家族)を守らないといけないという重いから、些細なことにピリピリしがちです。玄関のドアベルや、電話、掃除機などに反応して吠えるのもその表れかもしれません。来客や通行人に吠えたり飛びついたりというのもそれが原因かもしれませんね。気づかなければ、どんどん深みにハマリかねないです。正しい飼い方・しつけを早く身につけたいですね。

Copyright © 2009-2016 犬の飼い方 悩み解決!呼べば喜んでとんでくる愛犬に. All rights reserved