2018年06月 : 「愛犬のしつけ」の今

プーミー
Pumi
/小型犬/

飼い方 も しつけ も

なぜ愛犬は問題行動?原因は誤解と勘違い

苦労の原因は、プーミーのせいではなく、飼い方の問題かも。

ワガママで好き勝手な行動をして、言うことを聞けない。すぐ吠えたり・唸ったり。散歩の引っ張りでへとへと。できないトイレ・マテ・オスワリ。甘噛み・噛み癖で接するのが怖い。物を隠したり、イタズラなどなど。


犬は最も身近な動物の一つ。 でも意外に 肝心なことが誤解 されがち。 それが、飼い方で悩む飼い主さんが多い 理由の一つ。

犬には 犬特有の本能があり、行動や判断はそれに基づいてます。

愛犬は、あなたの言葉や行動を、あなたの意図とは違う 受け取り方をすることも。

例えば、吠えたら周りに迷惑だからと、愛犬が望むまま、食べ物をあげたり、かまってあげたりしてると、愛犬が家族内での位置づけを勘違いし、問題行動が増えることも。


呼び鈴や電話に反応して吠えたり、通行人やお客さんに吠えたり威嚇したり、・・・困った愛犬の迷惑でしかない行動も、実は、愛犬にとっては、がんばって、外敵から群れ(家族)を守ろうと 必死になってのことかもしれません。

こういう飼い主さんと愛犬の間の誤解が続く限り、問題解決は遠いです。

プロのしつけを学ぶ!訓練頭数2000超の技

昔ならプロのトレーナーからしか聞けないような「犬のしつけ」が、近頃は手軽に学べます。

初めてペットで犬を飼うという人にも、「自信ないなぁ」「ウチはムリねぇ」と 愛犬のしつけを あきらめかけた飼い主さんにも、喜ばれる「愛犬のしつけ法」があります。

喜ばれるのには理由があります。 テレビ・雑誌でも活躍の訓練頭数2,000頭以上のトレーナーが明かした「犬のしつけ法」です。

様々な愛犬の問題行動や、しつけで困っていた飼い主さんに喜ばれてます。 トイレも、無駄吠えも、散歩の引っ張りも、落ち着きのなさも、・・・あなたの手で導いてあげられると、喜びはさらに大きいはず。

愛犬のしつけ、「もう遅いかも」と あきらめるのは 早いです。 しつけは子犬だけじゃなく、成犬からでもできます。

DVDの「犬のしつけ法」ですので、気軽に学べます。 本は苦手という人にもピッタリ。家族みんなで学べます。 動画だから分かりやすいことも人気の理由でしょう。 また、DVDなので好きなタイミングで、何度でも見れます。 もし忘れても、いつでも確認できます。 気になるところ、大事なところは、繰り返し見てトコトン学ぶのもあり。

このしつけを、体験した20代~50代の幅広い飼い主さんの声が、公式サイトに寄せられてます。 あなたと同じような愛犬の悩みを、自らの「しつけ」で解決した喜びの体験談に であえるかも。



↑ クリック ↑
悩んでいた愛犬の変化に たくさんの飼い主さんが喜んでます


プーミーはだいたい10年~15年の人生です。 問題行動に怒ったり、悲しんだり、・・・飼い方やしつけの事で悩んでる時間なんてないです。 正しいしつけで、愛犬も あなたも もっと笑顔になれるはず。

***** ***** *****

犬の嗅覚
犬が嗅覚に優れるのはよく知られていることです。人間の数千倍とか数万倍とか言われます。この特性を利用して、警察犬や災害救助犬が活躍しています。ちなみににおいに敏感な動物は犬だけではないです。たとえば、ブタも嗅覚が鋭いそうですし、クマはもっと鋭いそうです。

犬の吠え対策
愛犬にお留守番させていると、どうしているのか気になりますよね。特に、ずっと吠え続けていないかどうかは気になるところではないでしょうか。犬を飼っている人は犬の吠えは理解してもらえるかもしれませんが、犬が苦手な人にとっては良く思わない場合も・・・。ご近所トラブルの原因にならないようにご近所に挨拶しておくといいかもしれませんね。

犬の留守番
犬のお留守番は現代社会ではとても大事ですね。どこにでも連れていけたらいいのですが、ペット同伴のお店は少ないのが現状です。そうなるとワンちゃんには辛いかもしれませんがお留守番のしつけをしておかないといけません。飼い主さんも辛いと思いますがなるべく冷静な態度で接した方がいいかもしれませんね。

マンションもペット可の時代に
最近、室内犬がブームになっていますね。特に一人暮らしの方に人気です。この時代の流れからかペット可のマンションも増えてきています。でも、ペット可のマンションの住人の中にはペットが苦手な方もいる場合もあります。そういう方だと、鳴き声が気なってしまうことも・・・。犬を飼い人はマンションの隣近所の方にペットのことであいさつしておくというのも大事なのではないでしょうか。

犬の十戒
作者不詳ですが、広く世界に広まっているものです。飼い主さんになる人は一読すべきでしょうね。ペットとして飼われる犬と飼い主の人間との望ましい関係について、犬の視点から綴られています。犬を飼ったことがない人が見ても、けっこう心動かされる内容となっているのでした。

紀州犬の育て方・しつけのことなら。 ポリッシュ・ローランド・シープドッグドッグウェア(犬服)の通販のこと。

犬の本能や習性は、もともと人とは違います。歴史的に人と犬はすごく近しい間柄ではあるものの、本能や習性の違いをしっかり理解して接しないと犬の問題行動に悩むことになります。犬には「権勢本能」と「服従本能」と呼ばれる犬の特有の性質があります。犬によって個体差はありますが、権勢本能が強い犬だとボスになりたがる傾向が強いので、飼い主さんとの主従関係づくりでも時間がかかるかもしれません。権勢本能が弱い犬だと比較的しつけしやすいようです。いずれにしても、犬は群れ(家族)のなかで順番をつける性質があるといわれています。順序の下のものは上のものに従うのが当たり前という考え方ですね。ですので、愛犬の世話を焼きすぎると犬が飼い主さんを下に見てしまって問題行動の原因になることも。犬の問題行動をいさめようとしても、吠えたり嫌がったりするからといってあきらめていると、犬のほうが「うまくいった」と勘違いして、ますます問題行動を繰り返すことになったり。犬と飼い主さんの正しい「主従関係」づくりは、犬があなたの行動をどう理解するか?ということも意識することが大事ですね。犬は自分がボス的な存在と認識していると、群れ(家族)を守らないといけないという重いから、些細なことにピリピリしがちです。玄関のドアベルや、電話、掃除機などに反応して吠えるのもその表れかもしれません。来客や通行人に吠えたり飛びついたりというのもそれが原因かもしれませんね。気づかなければ、どんどん深みにハマリかねないです。正しい飼い方・しつけを早く身につけたいですね。



プーミーは小型犬に区分されます。プーミーといえば、初心者が飼うには難しいかも。年配の方には大変かもしれません。おおむねマイペースなほうでしょう。

犬の性格って、犬種だけじゃ本当のところは分かりません。 なぜなら親犬の性格とか、生まれた環境なども、その犬の性格に影響して、個人差(個体差)が結構あります。 だから同じ犬種でも、意外に性格が全く違うということも・・・。 あなたのプーミーは予想通りだったでしょうか?


犬とペットの便利サイト

| JPPMA○日本ペット用品工業会Wikiペットのページ(社)日本獣医師会JPMA○(社)日本ペットマッサージ協会

○小型犬○

| 犬とマナー犬の飼い方

お問い合わせ

ご意見・ご感想・お問合せ等はこちら

Copyright © 2009-2016 犬の飼い方 悩み解決!呼べば喜んでとんでくる愛犬に. All rights reserved